アーカイブ

月別アーカイブ: 2月 2008

正直、まだ放心状態です。

それくらい渾身の二日間でした。

当日、3時過ぎにお店に着いたのですが、
相方の大江さん、ゲストのハッシー(KADOYAさん、以後ハッシーね)
ともに、お仕事のため、ひとりでさくさくっとリハを済ませました。

直前まで喉にかなりの不安があったのですが、
発声のポイントを少しずらすことで、その日1日はなんとか持ちそう。

ただ、明日の大阪はかなり厳しいなあってのが、その時点での率直な感想。

この日は、マスターが気を遣って下さって、
いつもライブ後に「びっくりドンキー」で打ち上げする僕らのために、
「はまゆう定食」(煮込みハンバーグ)をメニューに加えてくれました。(笑)

6時ぐらいからぼちぼちお客さんも見えられて、
開演予定の7時にはほぼ満員だったのですが、
肝心のハッシーと、その日僕を泊めてくれる予定の「こーたくん」がまだ。

その後、ハッシーは間もなく到着したのですが、
こーたくんからは、連絡がない。

7時過ぎにやっと電話があり、
「今、梅田です!」

え?こりゃ無理や!ということで、7時過ぎに開演。

1、Losin’
「TRAVIS」からのファンクチューンのこの曲がオープニング。
ライブではかなり久しぶり。
アップテンポで、重くないものっていうのが選曲の理由。
ギブソンが凄くいい感じで、気持ち良くって、歌詞、かなり間違いました。(笑)

2、ヴェルベット・ムーンにくちづけ
最近のライブでは前半にこの曲を持って来ることが多いです。
だいたいは、このあたりでペースが握れる計算。
この日も、「掴みはOK!」って感じでした。

3、蜜月のソナタ
「果実」ではラストに入ってるナンバー。
この日は、中盤~後半に新曲が入るため、
「果実」からのナンバーは前半にかためました。
この曲を歌い終わると、いつも空気が落ち着くのを感じます。

4、西院駅
いつもは後半のハイライトになる曲ですが、
今回のツアーでは現在と過去を繋ぐ重要なつなぎの役目。
やはり、京都で歌う「西院駅」は格別です。

5、流星のターミナル
ここからが第二幕と言っていいでしょう。
一挙に3曲の新曲をシェイクダウン。
今回のツアーの肝(きも)です。
空気がどんどん熱を帯びていくのを感じました。
まだ才能が涸れてないことに心から感謝。

6、雨の唄とか 星の唄とか
これは、3曲の中では唯一小品と言えるラブソングですが、
いかにもはまゆうテイスト満載の切ないナンバーに仕上がりました。
ちょっとチープな音が欲しかったので、
ニューギターでの演奏。
マイクで拾うと、中音域にちょっとだけクセがあるけど、
全体的にブライトな音で、充分使えるなあって思いました。

ここから、ゲストのハッシー登場!!
ただ、時間的にやっぱ厳しくて、オフレコトークは、ほんのさわりだけ。(笑)
でも、みなさん凄く喜んでくれたみたい。
一度、トークだけのライブとかしましょか?(爆)

その後、ハッシーに、
オリジナル曲「4years」を演奏してもらいました。
昔の彼の曲に比べると、凄く絵コンテがすっきりして、
歌詞は凄くキレが良くなった感じ。
ある意味、浜田っぽいかな?
メロディー&コード進行は、ハッシーカラー満載!!(爆)
そこにAmかあ!!うわ!!そこでE7かあ!!
お腹いっぱいです!!(爆)
でも、お世辞抜きに「共感できる世界観」でした。

7、Moment
ここから最終章。
3曲の新曲の中で、一番最後に出来た曲。
ほんの1週間ほど前に完成した曲です。
曲調は、少しルーズな16ビートで、
トーキングブルースみたいな感じです。
大好きな映画「レニー・ブルース」のイメージなのです。
この日は、新曲は全部、僕一人で演奏しましたが、
この曲は、頭の中では大江さんのバッキングがすでに鳴ってます。
次の日の大阪では、ぶっつけでやってもらうつもりです。

8、往路
「Moment」~「往路」っていう流れが、
今回のツアーのクライマックスです。
歌うのにも、聴くのにもエネルギーがいる曲だと思います。
でも、ここでの痛みが深ければ深いほど、
次のラストナンバーが生きてくるのです。

9、夜を見てた
今回は、繊細なギターフレーズをフィーチャーしたニューバージョンです。
7カポで、ほぼオルゴールのような音域で演奏します。
指つりそう!!めっちゃ難しい!!
でも、予想以上にいい感じ!
あの温もりが、みんなにも届いてたら幸いです。

アンコール
1、最初で最後のPrivate Moon
1stアルバム「さよなら楽園」からの選曲。
これも久しぶり。
さりげなく、やさしく、ライブが終われたらなあ、と思って選びました。

外は寒いので、少しでも温かい気持ちで帰ってもらえたらいいなあ。

とにかく、客席の雰囲気も良くて、
最高に気持ちのいいライブでした。
昔からず~っとの方、本当に久しぶりの方、ここんとこずっと来てくれてる方、
そして、今回はじめましての方。
本当にありがとうございます。
生浜田はいかがでしたか?

よろしかったら、これに懲りずに、また、お越し下さい。

そして、今回は来れなかった方、まだ、生浜田未経験の方、
次回は是非、お越し下さい。

ライブ終了後、
「びっくりドンキー」には行かず、
まっちゃん特製「はまゆう定食」をいただきました!
煮込みハンバーグ、めっちゃ美味!!
松井さん、ごちそうさまでした!!

その後は、遅れて来た「こーたくん」に泊めていただきました。

4曲ぐらいしか聴けなかったのに、本当にお世話になりました。

さあて、この時点で、喉はレッドゾーン突入。

浜田裕介の運命やいかに!!

大阪編につづく!!!

広告

かなり寒いなあ。

四国山脈抜けるの心配やなあ。

とにかく気を付けて行きまっさ。

2008年の浜田裕介、

濃い~いのを、

胃袋にずし~んとくるのを、

一丁お見舞いしたりますわ!!

今年も歌える幸せを、

音楽の神様と、

僕の歌を愛してくれる全ての人たちに感謝しつつ。

Live Tour 2008 「あまったチョコは持って来い!」

ただいま、開幕!!

ほな、行って来ま~す!!!

昨日(11日)の「畳でRock」

とても素晴らしいイベントでした。

会場があった「江川崎」は、今は合併して「四万十市」ですが、

つい2年ほど前までは「西土佐村」という村だった所で、

合併された今も、俗に言う「僻地」と呼ばれる場所です。

このイベントは、そこに生まれ育った21才(やったかな?)の女性、

安藤まなちゃんが、立案、実行してるイベントです。

彼女は地元では結構有名だった、

女子高生バンド「ヌーディー’s」のメンバーで、

若いのに似合わず、高校時代から「9条堅持」を訴えてた、

なかなかの猛者です。

今回で第4回を迎えた「畳でRock Vol4」

荒削りだけど、凄い熱があって、

本当に素晴らしいイベントでした。

光栄なことに、僕はトリを務めさせていただいたのですが、

3曲だけなのに、ついつい力が入ってしまい、

ちょっと声が嗄れてしまってます。(笑)

セットリストは

1、Moment

2、生まれ来る子供達のために(オフコース)

3、往路

2曲目は、お客さんの中に、以前この曲を僕が歌ったのを見た人がいて、

その方が、是非とリクエストしてくださったので、

急遽歌いました。

で、そんなこんなで、ライブウィーク前半は終了!

今週末、関西討伐(爆)に向かいます。

喉は、実はちょっと軽すぎな感じだったので、

昨日一旦潰して、今週末がいい感じに仕上がるんじゃないかと思います。

まあ、風邪だけは気をつけないとあかんけど。

今回も、もちろん、自分の運転(軽四)で行くのですが、

いつもは、出発当日、代行の仕事出て、

その終了後、深夜に出発するのですが、

今回は、出発当日が非番ですので、

比較的余裕を持って、ゆっくりめに行けるので助かります。

新曲の仕上がりもいいし、

ギターのご機嫌もバッチシ!

テンションも徐々に上がって来てます。

京都、大阪とも、たっぷり歌いますんで、

来れそうな方は、是非お越し下さい。

で、大阪は、正直、とんでもない状態なのですが、

マスターもヤケクソで、「なるようになれえ!!」って感じで、

入場制限解除いたしました。

前回も、15名のキャパに30名近い酸欠ライブでしたが、

今回も、それに近い感じになりそうです。

新宿ルイードの山下久美子のライブが忘れられないあなた、

是非、お越し下さい。

日記のタイトルは、ATG(アートシアターギルド)の映画のタイトルです。

うちの地元が舞台で、竹下景子のデビュー作です。

原田芳雄、江藤潤など、渋い役者が脇を固めた、素晴らしい作品です。(めっちゃ暗いけど)

今週末、9日の「海瘉」ライブから、

遂に、ライブウィーク突入いたします。

9日土曜日が「海瘉」ライブ、

11日月曜日が、西土佐「オレンジハウス」にて「畳でRock」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=701154137&owner_id=512592&comment_count=5

15日金曜日、京都「まっちゃん」甘酸っぱナイト

16日土曜日、大阪「シャンティー」ホロ苦ナイトです!!

あと、5月末に小山さん達とのツアーもほぼ決定。
メンバーは、小山卓治、鎌田ひろゆき、近藤智洋、
そして浜田裕介という錚々たる(?)メンバー。

そして、9月に、名古屋を絡めたツアーもほぼ決定です。

この時期にこんなに予定が決まってるなんて、
かつてなかったことです!!

あと、先日日記に (mixiの方です。ごめんなさい)
ギター教室の生徒(高1女子)のお姉さんの結婚式で歌って欲しいっていう話、昨日、正式にお母さんからご依頼いただきました。

今年は、スタートラインがめっちゃ高い!!!

さあて、どこまで行けるかわかりませんが、

行けるとこまで突っ走ります!!!

みんな!振り落とされないように、しっかりつかまってるんだぜい!!