アーカイブ

月別アーカイブ: 7月 2009

めっちゃ疲れたので、 

ぐっすり昼寝できると思ったのですが、

結局、身体が火照ってしまってて、1時間ぐらいで目が覚めてしまいました。

なんか、とんでもなく激しい試合の後のボクサーみたいな感じ。

心無しか筋肉痛まであるような。(笑)

いやあ、240人の中学生に、

真剣に向かい合うってのは、とんでもないエネルギーが必要ですね。

イージス艦なんかより、ずっと手強い。(笑)

ほぼ予定通りの午前10時、

短い紹介を受けてステージに上がりました。

生徒達は体育館の床に、文字通り「体育座り」(笑)

ステージの高さが結構あって、なんか偉そうな感じがして、

お尻がむずむす。

そして、60分1本勝負のゴングは鳴りました。

1、足跡

これは、ほぼ新曲と言って差し支えないと思います。

憶えている人もいると思いますが、
昨年、NHKのBSで、卓球の四元選手の応援歌として作った曲。

しかし、この曲を放送したら話題になる可能性が高い、
四元選手の応援歌っていうのは、それなりのビジネスコンテンツなので、
四元選手の事務所がメリットを得られない形で、ヒットされるのは困る。

という、とんでもない理由でボツになった曲。(笑)

その後、京都のライブで1回だけ、1コーラスのみを演奏して、
お蔵入りしてた曲。

ただ、その時はテレビ用の尺で、1分程度にしないといけなかったので、
本来のバラード調をアップテンポにしたり、歌詞も1コーラスしかつくらなかったりの状態だったので、
昨日、急遽、歌詞を完成させて、テンポも本来のバラードにして演奏しました。

結果的には、この選択が功を奏したみたいです。

ライブ終了後に、僕の知り合いの方から電話があって、
その方のお知り合いの息子さんがこの学校の生徒さんで、
今日のライブを聴いていて、
この「足跡」に痛く感動して、
サイン入りのCDが欲しいという電話でした。

これで主導権は握れたと思います。

「足跡」

波打ち際遠く 頼りなげに続く
足跡は君の 昨日までの自問自答
明けない夜はないと、誰もが言うけど
君は気づいてる この旅にゴールなどないことを

君が描く地図にはあらかじめ道などない
君が歩くその後に 轍が刻まれるだけ
時に雨は激しく君の頬を叩くけど
でもいつか灼けついた 肩を包んでくれる

誰もがいつかは 一人で歩き出す
今は旅立ちの 夜明けを待つ港
心ない誰かの言葉に傷ついた夜
君は気づくだろう 赦すことが本当の強さだと

君が描く地図にはあらかじめ道などない
君が歩くその後に 轍が刻まれるだけ
時に雨は激しく君の頬を叩くけど
でもいつか灼けついた 肩を包んでくれる

ここで、今日一番場長いMC。

国というものの意味について説明したくて、
クラス分けや、班分けを例え話に。

「みんな、今、それぞれのクラスに分かれてて、その中でまた班に分かれてたりすると思うけど、それって、自分で好きに選べた訳じゃないよね?
だから、最初から、クラスや班に愛着や責任を持てって言われても困るでしょ?
大切なのは、そのクラスや班でどんな風にがんばって行くか、
その結果として、愛着や、自信や、責任みたいなものが生まれて来る。
同じように、人間は、どこの国に生まれるとか、男に生まれるとか、女に生まれるとか、自分では選べません。
そんな、自分で選べないことが、人生に於いて、有利や不利をもたらすのって、凄くおかしいと思いませんか?」

そんな風な話から、「在日」の話に。

そして、そんな「在日」の人達が寄り添って暮らしている町があること。

「たとえば、次の歌は、そんな町が舞台になってます。」

2、ガソリン・アレイ

3曲目は、今日唯一のカバー曲。

「風や鳥は自由に国境を飛び越えます。例えばたんぽぽの綿毛も、そんな風に自由に風に乗り、そして、花を咲かせます。 」

3、種の歌     (小山卓治)

その後、次の曲にまつわるエピソードから、

4、ゆるやかな法則

「今日は主に、メッセージ色の強い、ある意味説教臭い(笑)曲を中心に歌ってますが、次に歌う曲は、一般的にラブソングと言われる、

まあ、例えば、徳永英明さん(爆)とかも歌ってるようなタイプの曲です。
でも、僕がこの歌で伝えたい「愛」とは、相手のいいとこだけじゃなくて、
弱い所も欠点も、全部受け入れてこそ、愛するっていう意味なんだよってことです。」

5、夜を見てた

そして、最後の曲。

「人生はね、生まれたっていうスタートラインから、死ぬっていうゴールラインまで、結局の所「往路」だけの、片道の旅なんだと思います。
一度通り過ぎた場所に、後から戻ってやり直すことは出来ない。
例えば、毎日教室で顔を合わせてる友達も、
その日のその時間に出会えるのは、その瞬間だけでしょう?
だからね、人と接する時は、相手の全てを感じようと努力して欲しい。
肌とか、肉とか、骨とか、
そう言うのは、単なる容れ物。
大切なのは、その中にあるもの。
それを認め合うことが、お互いの存在を認め合うってことだと思います。 」

6、往路

1時間丁度でした。

終わった後、先生が僕をステージに呼びました、

そして、代表で女子生徒が感謝の言葉をくれました。

「人権っていうと、すごく難しいイメージがあって、
正直、退屈だろうなっておもってたのですが、
どれも、本当に素敵な曲で、凄く心地よく、心に入って来ました。
でも、一つ一つの言葉は重くて、本当に勉強になりました。
今日感じたことを、これからの生活にちゃんと活かしていきたいと思いました。」

なんという立派な挨拶。
きっと昨日一生懸命考えたんだろうなって思ってたら、

後で先生が言うことには、
この挨拶は、先生がそのとき思いついたもので、
指名された女の子は、その瞬間に考えて話してくれたそうです。

いやあ、素晴らしい。

その後、ステージで片付けてたら、
お下げ髪の、メガネをかけた女の子が僕を呼び寄せて、

「浜田さん、ありがとうございます。
どれもめっちゃいい曲で、うち、めっちゃ感動しました。」

って話しかけてくれました。

いやあ、もうねえ、

感無量です。

音楽って、やっぱすげえや。

その後も、たくさんの生徒さんが声をかけてくれました。

なんか、だらだら長くなりましたね。(汗)

こんな機会をいただけて、

本当に幸せです。

これからも、

まあ、順風満帆とはいきませんが、

なんとか歌い続けていきますんで、

みなさん、

今後とも、どうか、

よろしくお願いいたします。

広告
さあて、毎日じめじめとした日が続きます。
梅雨空をぶっ飛ばすがごとく、

浜田裕介がツアーに出ます!!

今回は初めての街や、初めてのお店が目白押し!

今まで、なかなか会えなかったあなた!

どうか、今度こそお越し下さい。

7月13日(月)
高知市Fancy Labo「RING」リクオ&山口洋 OA

遂に大一番です!

リクオくんとは何回も御一緒させていただいてますが、
今回はカリスマ山口洋氏も参戦です。
この3人を一度に観れるのは、本当にお得だと思います。
是非、お越し下さい!!!

7月16日(木)
大阪北区堂島「ホースバー・ステーブル」ソロ
http://www.sky.sannet.ne.jp/jbtk/

初めてのお店です。
今回は2700円に1ドリンクが含まれてます。
小さなお店なので、早目に御予約いただくことをお薦めします。
スペシャルな夜になること確実です!
大阪キタのど真ん中で、バブリーな浜田を御堪能下さい!!

7月17日(金)
東京都八王子「Bar X.Y.Z→A」VS竹内藍
http://www.blasty.jp/barxyz/index.htm

約10年ぶりの都内ライブ、
まずは八王子から!!
なんとチャージ1000円!!
共演の竹内藍ちゃんも、高知出身の実力派です!
東京でも、こちらが近い方、もしくは2日とも行くという強者!
是非、浜田裕介の東京の初夜のお伴をよろしくです!!

7月18日(土)
東京四谷三丁目「ソケース・ロック」VS竹内藍
http://www.sokehsrock.com/

さあて!今ツアーのラストナイト!!!
浜田裕介、人生初の23区内ライブ!!
しかも、岡田有希子で有名な四谷!!(おいっ!)
これは見逃せないでしょう??
横浜や、八王子だと涙を飲んでたあなた!

東京ですよ?四谷ですよ??

是非お越し下さい!!

それぞれ、アクセス、時間等の詳細は、
各お店のHPにて御確認下さい。

16~18日のライブは、前売り、当日関係ありませんが、
どれもキャパの小さいお店ですんで、
事前に僕にメッセいただければ、予約させていただきますんで、
是非、是非、お願いいたします。

今回ももちろん、

おんぼろミラを、自分で運転して行きまっせ!!

全走行距離、2500km!!!

あなたの愛という水を、僕に届けに来て下さい!!!