Guide40010(四万十市偏向もとい観光ガイド)

※画像の大きさがまちまちなのは許してください。

▼検索開始。

▼岡山下車。ホームにはアンパンマン大書のディーゼルカーが。
「ほんまに中村までいくんけ」と不安になり候。

▼晩ご飯にお寿司ゲット。売店で淡麗も確保。大盛りが欲しい。

瀬戸大橋を渡る。車内が明るいので景色が見えない。
カーテンを引いて首を突っ込んでみていると、車掌さんに肩を叩かれ死ぬほど驚く。
結構スピードが出るが、単線だからよく止まる。しかも停車駅も多い。
停車駅には無人駅(日中しか駅員さんがいない場合も?)もあるので
車掌さんが切符を集める。途中、それぞれの駅で一人、ふたり降りる。

▼高知が過ぎると、殆ど乗り降りもなくなって、23時過ぎ、到着。
はまゆうが迎えにきた。駅はまっくらだ。

 ▼翌の朝食ははまゆう夫妻が四万十上流の和食バイキングをやっている店に連れて行ってくれた。
道中、はまゆうの歌にある「メリヤス工場」にもご案内。
工場そのものは他所に移り、現在は建物だけ。
それにしてもいい天気。

▼道中の流れ橋。先日の台風のお陰で川縁の木々はずたずた。

▼おにぎりバイキングです。おいなりさんと煮物もありました。

▼かにのみそ汁もついてます。ンマー

▼お店の駐車場から。川の水は少し濁ったかも、けど、でも、素晴らしい景色。

▼食堂で飼われているらしい猫ちゃん。愛想がよい。

▼休憩中。

▼交流中1。

▼交流中2。

▼交流中3。

▼交流中4。

▼交流中5。

▼はまゆう保護区。

▼危機一髪(レベル低)

▼なんて平和。しかしこの空の何処かで銃声が。

▼競走馬の別荘。

▼ええ天気や

▼ファンタジイやなー(鶴光風に読んでください)

▼こりない男性約一名。(匿名希望)

おまけ:動画編

1「うなずきトリオ」

2「ウマ~(古典的コメント)」

3「おちつきのない男」

お疲れさまでした。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。