はじめ大学ではまゆうと出会ったときに彼が利用していたのは
モーリスの「TORNADO」というギターであった。
当時「エレアコ」という響きがとてつもなく新鮮で
みんなうれしがってギターにシールドを刺したものである。
その後彼はオベーションの廉価版でアプルーズというギターを持っていたが
(オベーションは現在のように韓国製のラインナップがなく、高嶺の花であった)
これが確かネックが鉄で出来ていて冬場はとてつもなく指が冷たかった。
その後彼はギターを購入しては、また生活費の為に手放し、を繰り返す。
その中には一癖、二癖あるギターも多数あった。
テイラー、タカミネ、オベーション、ギブソン・・。
現在は山口岩男さんから譲ってもらったJ-45に加え
彼の所持していたネックの折れたJ-45もリペアされ、
yamahaFGシリーズなどが
ぞくぞくと彼の元に集まってきている。

▼山口岩男さんがSMAPのレコーディングで弾いたというGibsonJ-45
名器も彼にかかればごらんの通りバックは襖に畳である。

▼もともと彼が所有していたJ45。ネックが折れていて使用不能だったが
京都府向日市の柾目ウッドメーカー清田氏の手腕で見事再生。

▼YAMAHA FG170

グリーンラベルで現在フィッシュマンのピックアップを装着している。コンディションも良く、意外にも彼の歴代のギターではテイラーの次に鳴りがよいそうだ。現在メインで使用。

▼YAMAHA FG110 ネットで購入。ペグがなんともはやチープでかわいいのである。

▼YAMAHA

DYNAMIC GUITAR
FG登場前の60年代のビザール風味満点のガットギター。なんでもガット弦とスチール弦と両方行けるそうです。ネットで購入。

▼ARIA
ガットギター。Days In The Sunの「モーニング・ニュース」で岩男さんが弾いている。

▼K.YAIRI YDF

山口岩男さんから彼が貰ったギター。fホールがついていてピックアップはマグネット。
現在はKYFというピエゾのマイクがついているモデルが後継機種です。セミアコとエレアコの合いの子のようなソフトなサウンドキャラクターが特徴です。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。